三多摩管工事協同組合の研修に行ってきました

3月23日(金)に
三多摩管工事組合の研修に行きました。
内容は「給湯器のメンテナンス対応について」学びました。

給湯器研修
↑ 研修会の資料
今年度は寒い日が続き、給水管の凍結や破裂がたくさんありました。
弊社への依頼にも、給湯器内破裂がたくさんあり、給湯器自体の交換もさせていただきました。
しかし、研修でも勉強したのですが、
最近の給湯器は凍結防止機能が付いているので寒くなっても凍結することはまずありません。

では、なぜ壊れるのかと言いますと...
それは、給湯器の電源を切ってしまうため防止装置が作動しなくなるからです。

なので、遠出するときなどには給湯器の説明書を読み「水抜き」と言う作業をしてから電源を落とすようにするといいかもしれません。
会社の給湯器 (1)

会社の給湯器 (2)

↑ 凍結故障ではありませんでしたが、ちょうど会社の給湯器の調子が悪くなってしまい、
先日、交換しました。
今回の故障は基盤不良によるものだと思います。

占部
占部でした!