水道の検針で漏水を指摘されたら

みなさまこんにちは。長谷川です。

さて、2ヶ月ごとにやって来る水道の検針。
今、東村山市久米川町のあたりを検診の方が
まわってらっしゃるようで、
お盆明けのここ数日は、
検針時の漏水指摘による調査のご依頼を
何件かいただいております。

検針の方からも説明があるかと思いますが、
漏水を指摘された場合は、
まずは慌てずによく考えてみてください。

今の時期ですと、
お盆休みで、複数の方が出入りされた場合
トイレの使用や、入浴などで
水道の使用量が多くなる場合あります。

この場合は漏水ではありませんので、
ご安心ください。

上記のことが考えにくい場合は、
漏水の可能性があります。

トイレの中でチョロチョロと水が流れていたり、
キッチンや洗面台の排水のところが濡れていたりしていませんか?
目に見える漏水の場合は、修理すれば改善される可能性が高いです。

どこを探しても漏水箇所が見つけられない場合は、
音聴棒という特殊な器具を使用して漏水の調査を行います。
それでも床下や軒下、壁中で漏水していた場合は
発見に至らない場合もあります。

漏水を発見、または
検診時に指摘された時は、
慌てずに、当社までご連絡ください。


いつもブログをご覧いただきまして、
ありがとうございます!