ノーリツ給湯器の「点検お知らせ機能」をご存知でしょうか?

みなさまこんにちは。長谷川です。

年末に車のタイヤをスタットレスタイヤに交換したのですが、今年の冬はまだ雪が降りませんね。
気温も10度前後の日が続いていて、この冬はこのまま暖冬で終わるのでしょうか?

さて、今日はみなさんのご家庭でもご使用されている方も多いと思いますが、
ノーリツ給湯器の「点検お知らせ機能」について触れてみたいと思います。
ノーリツ点検お知らせ機能チラシ_01
チラシの画像をクリックすると
PDFを表示します
ノーリツ点検お知らせ機能チラシ_02
チラシの画像をクリックすると
PDFを表示します
平成21年4月1日に消費生活用製品安全法の一部が改正され、
長期使用製品安全点検制度が新たに創設されました。

消費者による保守が難しく、経年劣化による重大事故発生のおそれが高い9品目を
「特定保守製品」として定め、販売事業者や消費者(所有者)などがそれぞれに適切に
 役割を果たして経年劣化による製品事故を防止する。という制度です。

【対象製品(特定保守製品)9品目】
電  気 ビルトイン式電気食器洗機 浴室用電気乾燥機
石  油 石油給湯器 石油ふろがま
FF式石油温風暖房機
ガ  ス 屋内式ガス瞬間湯沸器 (都市ガス用/プロパンガス用) 屋内式ガスふろがま (都市ガス用/プロパンガス用)
簡単に言ってみれば、消費者(所有者)が自分で修理したりメンテナンスすることができない機械は、
長く使っていると経年劣化して気が付かないうちに故障していて、それが原因で大きな事故につながる可能性が高くなるので、10年以上使用した機器に関しては販売店や消費者がそれぞれ責任をもってメンテナンスをしていきましょうという制度です。

ノーリツはこの法令に基づき、特定保守製品の対象には入っていませんが、
ガス給湯器に関しても、メーカーとして10年以上使用した給湯器はメンテナンスを推奨しており、10年目を迎えた給湯器リモコンには「88」「888」というお知らせメッセージを表示するように設定されています。
このメッセージが表示された場合は、故障ではなく「メンテナンスを依頼してください」というメッセージですので、お湯は使用できます。

この法令は平成21年(2009年)に制定されたので、今年で10年目を迎えることになりました。
10年前に製造販売された給湯器にはこのメッセージが出ますので、あらかじめ知っておくと焦らずに対処できると思います。

不明な点や不安な点がある場合には、弊社までお問合せください。042-391-5277
また、点検の申し込みをされる場合には、0120-911-026(ノーリツ点検申し込み窓口)までお電話してください。
※点検費用は有料です。詳細は上記画像をクリックしてノーリツのチラシを参照してください。